スポンサードリンク

アトピーの症状と克服

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーの症状と克服

アトピーと赤ちゃん

アトピーは、赤ちゃんの場合、乳児湿疹と見分けがつきにくいので厄介ですね。

アトピーと赤ちゃんの乳児湿疹、どちらも頭部や顔の周り、耳の辺りまでが真っ赤にただれる症状がでます。

赤ちゃんの湿疹がひどいときは、アトピーである場合も考えてお医者さんに見てもらうのが一番です。

アトピーに赤ちゃんがかかるのは、食物アレルギー、遺伝的な要因、ダニやハウスダストなどの化学物質、赤ちゃんの住環境によるものなど、いろいろな要素がからんでくるので、一概にこれが赤ちゃんのアトピーの原因、と決め付けることができません。

ですので、アトピーの予防も、これをすれば完全にアトピーから赤ちゃんを守れる、という決め手はありません。

ですが、いくつかの対策をしておけば、アトピーに赤ちゃんがかかってしまう可能性はぐっと低くできます。

アトピーにかかりやすい赤ちゃん、かかりにくい赤ちゃんという傾向がおおまかにはあるようです。

粉ミルクなどの人工栄養で育てられた赤ちゃんの方が、母乳で育った赤ちゃんよりもアトピーにかかりにくいという報告があるそうです。
これに関連して、鶏卵や牛乳への食物アレルギーがアトピーに関係しているという説もあるそうですね。
ですが、上記のようにアトピーに赤ちゃんがかかる原因が食物だけにあるわけではないので、母乳に責任をかぶせてしまうわけにはいきませんが、赤ちゃんのアトピー予防の選択肢のにとつとしては、母乳から粉ミルクに代えてみるというこもいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

アトピーの症状と克服

アトピーに効く温泉いろいろ

アトピー効く温泉とは、泉質がアトピーに効果がある場合もありますが、そもそも温泉につかることがアトピー性皮膚炎にかぎらず皮膚病全般に効果がありそうだということは容易に想像できます。

アトピーの症状は、精神的肉体的なさまざまの要因からおこってきますから、温泉療法は全体的なアトピーの治療として悪かろうはずがありません。

温泉につかることで、体が温まって新陳代謝はよくなりますし、体にたまった老廃物を対外に排出できます。

精神的な面での、アトピーに効く温泉のいいところは、ストレスをやわらげてくれることですね。

温泉につかっていれば、心身ともにリラックスしてくるのは、アトピーの症状のない人にとっても同じです。

薬などで急激にアトピーを治療しようとするのではなくて、温泉療法は、人間の自然治癒力を利用したゆったりした治療法ですから、副作用の心配もありません。

アトピーに効く温泉として、よく知られているところは、全国各地にたくさんあるようです。

北海道の恵山温泉・浦幌留真温泉、栃木の松島温泉、群馬県の草津温泉、長野の角間温泉、兵庫県の湯村温泉、鳥取県の浜村温泉、佐賀県の武雄温泉などが、口コミでの評判ではアトピーに効く温泉だといわれていますが、まだまだたくさんあるでしょう。

アトピーに効くといわれる温泉の泉質も、酸性泉が若干多いようでありますが、単純泉・食塩泉・ミョウバン泉・硫黄泉などのところもありますから、どの泉質の温泉がアトピーに効果がある、とは一概には言えないようですね。

アトピーの症状と克服

アトピーに貴陽石が効くのか

アトピー貴陽石が効果があるといわれています。

貴陽石と呼ばれる天然鉱石は、約6500万年前に地球上に大きな地殻変動があったときに生成されたと言われています。
群馬長石御座入鉱山で採れる貴陽石がよく知られています。

アトピーに貴陽石が効くといわれるのは、貴陽石が発生するマイナスイオン・遠赤外線が、血行や発汗を促進して、自然治癒力を高めることによって結果的にアトピーの治療に役立つといわれているからです。

ですので、アトピーに対する貴陽石の効果は直接的なものではなく、マイナスイオン・遠赤外線による体内毒素の排出=デトックスの効果による間接的なものです。

ですから、貴陽石の効果はアトピーに限定されたものではなく、たとえば岩盤浴などにも貴陽石が使用されていたりしますし、通販では、貴陽石の鉱物成分を液体化した入浴剤が販売されていたりします。

このように、アトピーに貴陽石が効果があるといっても、あくまで総合的なアトピー治療の中のひとつの方法として考えるべきで、貴陽石のみでアトピーが完治するというような万能薬的な期待は持つべきではないでしょう。

アトピーの症状と克服

アトピーの症状

アトピー症状の主なものは、かゆみ・湿疹・色素沈着などですね。

これらのアトピーの症状は同時に起きることが多いです。
どの症状も、からだにまつわりつくような、なんともストレスのたまる状態になってしまうので、とりあえずこんな状態から抜け出して、すっきりした気分になりたい、っていうのが、アトピーの症状に悩む人すべての偽らざる気持ちでしょう。

アトピーの症状の「かゆみ」、ほんとに我慢できませんね。
おもわず掻いてしまうのは、アトピーの赤ちゃんだけでなく大人も同様です。

しかし、掻きすぎるとアトピーの症状はさらにひどくなります。
炎症が広がることで、神経を刺激するぶっすいつの分泌がさらに促進されてしまうんです。

また、掻いた部分のまわりにアトピーの症状が広がると、たとえば目の近くなら視力低下を引き起こすことにもなりますし、頭部ののアトピーがもとで脱毛症状が出ることもあるんだそうです。

アトピーの症状では湿疹も厄介です。

アトピーの症状としての心身の特徴は、長く続いてなかなか治りにくいという点です。
根本治療・完治が難しく、ほんとうにいやになってしまいます。

湿疹の出やすい場所は、額、目、口のまわり、関節の近くが多いようです。
また、左右対称に湿疹が現れることが多いというのも、アトピーの症状の特徴です。

もうひとつのアトピーの症状、色素沈着も深刻な悩みですね。
色素沈着の治療にはレーザー照射による治療がありましたが、肌の色調が変わってしまうことが避けられないので、ずっと治療不可能と考えられていました。

ですが、最近になって、フラッシュ照射という、レーザーより弱い光で色素沈着を治療することができるようになったのは、アトピーの症状で悩む人には朗報です。

いずれにしても、アトピーの症状に対処するには、根気良い治療が必要です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。